SQL Server データベースのコピー

バージョン:SQLServer2016

1.異なるサーバにコピーする
2.同じサーバ内に別名でコピーする

1. 異なるサーバにコピーする

異なるサーバに同じ名前でデータベースをコピーする手順です。

バックアップ

  1. データベースを右クリックして、タスクのバックアップを選択
  2. バックアップ先の「追加」ボタンを押してバックアップ先を指定
  3. 後はデフォルトでバックアップ実行

復元

1.データベースを右クリックして、「タスクの復元」を選択

2.ソースを上記で作成たファイルを指定

3.ファイルはあらかじめ作成してい置いたフォルダに指定して復元を実行する

2.同じサーバ内に別名でコピーする

コピー元のデータベースをバックアップ

  1. データベースを右クリックして、タスクのバックアップを選択
  2. バックアップ先の「追加」ボタンを押してバックアップ先を指定
  3. 後はデフォルトでバックアップ実行

復元

復元先のデータベースを右クリックして、「ファイルおよびファイル グループの復元」を選択。

復元用のソースの「復元元デバイス」を選択して、ファイル選択

「復元先データベース」に新しいデータベース名を入力

オプションを選択

復元先のフォルダを指定する
※画像のログの拡張子間違っています。mdfじゃなくて、ldfです・・。
※もし新しいデータベースをすでに作成していて、上書きする場合は、下の画像の「既存のデータベースを上書きする(WITH PEPLACEXO)」をチェックする

「OK」をクリック